心が追いつめられてしまう前に、きちんと知りたい強迫性障害のこと

薬物療法

薬を飲んで精神疾患を治す。薬学が発達し、神経と薬に関する研究が進められていく中で、そのことは一般的になっていきました。
うつ病や統合失調症、双極性障害(躁うつ病)、強迫性障害といった病気も、薬を飲んで治すことが出来るようになっているのです。
もちろん、心という難しいものを対象とした薬であるわけで、あらゆる人が薬によってすぐに治るというわけではありません。すぐに治る人もいれば、時間がかかる人もいます。
あるいは、薬が効かないというパターンもあり得ます。薬の服用とは、原因に対し、それに対処することが出来る有効成分を体に入れるということであって、原因によっては薬が効かないというものもあるわけです。

強迫性障害の中でも、特に脳内の神経伝達物質の異常による発症の場合には、それに対処することが出来る有効成分を含んだ薬を飲むことで、状況を改善させることが可能です。
最も有名な薬はSSRIと呼ばれているもので、「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という難しい正式名称があります。
要は、セロトニンという神経伝達物質の流れを良くするというのがこの薬の効能であり、他のものには一切何の影響も与えることがないというのが優れた点です。
強迫性障害を引き起こすとされる神経伝達物質の異常だけに、ダイレクトに効く薬なのです。うつ病の薬としても、SSRIは活躍しています。

薬物療法は、SSRIなどの服用を、少なくとも1年以上続けることによって初めて意味があると言われています。薬を飲むことで強迫観念からいったんは解放されたかのように見えても、時間が経つと再び発症してしまうという場合があるからです。
クリニックで、医師の説明を聞き、用法用量をしっかりと守る必要があります。